MENU

貸借対照表とは?企業の健康状態を示す指標の見方を分かりやすく解説

出典:ぱくたそ

銘柄選択をする上で何を重視されるでしょうか。

収益性?成長性?配当金?

様々な指標がある中で、まず最初に気にすることは企業の財務健全性ではないでしょうか。

財務健全性とは人間で言うならば、健康状態のようなものです。

いくら成長性や収益性があっても、企業の健康状態が悪ければ株価が下落、最悪の場合倒産の恐れもあります。

そうならないためにも、まずはその企業が健康かどうか調べる必要があります。

その時に確認する指標が「貸借対照表」です。

貸借対照表とは?

引用:素材ラボ

【図1】

貸借対照表は企業の財務健全性、いわゆる健康状態を見るためと前述しました。

図1が貸借対照表です。

貸借対照表は大きく3つにわけることができます。

図1で(資産の部)と(負債の部)と右下の方に(純資産の部)と書かれているのが確認できるでしょうか。

そして重要な事は、

資産の部=負債の部+純資産の部

となります。

つまり、貸借対照表は右側と左側のそれぞれの合計金額が必ず一致するようになっています。

では3つについて細かく見ていくことにしましょう。

資産

資産とは会社が持っている財産です。

例えば、現金、土地、工場などの建物、設備、特許権、社用車などが該当します。

この資産もさらに3つに分類することができます。

  • 流動資産
  • 固定資産
  • 繰延資産

1つずつ見ていきましょう。

流動資産とは流動性のある資産です。

例えば、現金、有価証券(株式、債券など)、自社の製品在庫などです。

家計で言えば、預金、保有している株式や投資信託などです。

続いて固定資産です。

固定資産については聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

固定資産はその名の通りで、固定された資産です。

例えば、土地、建物、設備などがこれに当たります。

家計で言えば、マイホーム、土地、自家用車などです。

続いて繰延資産です。

これは普段聞く機会がないかと思います。

繰延資産とは、本来は費用として計上するものを繰り延べるものです。

例えば、開業費、研究開発費、社債発行費などです。

資産ではなく、実質費用と認識される方がいいかもしれません。

負債

負債とは会社の借金です。

この負債も2つにわけることができます。

  • 流動負債
  • 固定負債

こちらも1つずつ見ていきます。

まずは流動負債です。

基本的な考え方は資産と同じです。

「流動」ですので、流動性のある負債のことです。

例えば、銀行などからの借入金、未払金などが該当します。

家計で言えば、自動車ローン(1年以内)、クレジットカードの支払いなどです。

続いて固定負債です。

例えば、社債、長期借入金、退職給付引当金などが該当します。

家計で言えば、住宅ローン、奨学金の返済などです。

流動負債か、固定負債かを区別する最も簡単な方法は、支払い期限が1年以内か1年以上かです。

支払い期限が1年以下であれば流動負債、1年以上であれば固定負債です。

純資産

最後に純資産です。

純資産は企業自身が持っているお金です。

負債と違い、返す必要はありません。

この純資産がマイナスの場合は、いわゆる債務超過の状態のため倒産の可能性があると見ることができます。

家計でいうとこと、株式などで得た利益を積み上げたものです。

ファンダメンタルズ分析で抑えておきたい貸借対照表のポイント

貸借対照表は3つにわけることができることをお伝えしました。

その中でも株式投資をする上で貸借対照表のポイントは以下の5つです。

  • 自己資本比率
  • 流動比率
  • 当座比率
  • 固定比率
  • 固定長期適合率

それぞれについて見ていきましょう。

自己資本比率

自己資本比率とは、全ての資産の中で返済する必要のない資産がどれくらいの比率であるのかを表したものです。

つまり、自己資本比率が高い会社は財務の健全性が高いということになります。

一般的には自己資本比率が40%以上であれば倒産しにくいと言われています。

これは家計でも同じことが言えると思います。

例えば、現金も含め、マイホーム、自動車などの資産を持っているが、資産全体の9割がローンであった場合どうでしょうか。

このような家計だと少し不安を感じるのが正直なところではないでしょうか。

この場合、会社と家計を比べるのは正しくないかもしれませんが、どちらの場合でもローンや借入が少ない方が、倒産や破産のリスクは少ないです。

流動比率

流動比率は会社の支払い能力を計る指標です。

自己資本比率だけを見てしまうと、借入が多い企業は全て倒産の危機と判断せざるを得ません。

そうであれば、ベンチャー企業など創業間もない企業は全て倒産の危機ということになってしまいます。

そこで確認したい指標が、流動比率です。

簡単に言えば返済期限が迫っている借金に対して、すぐに用意できる現金の割合を示したものです。

この比率が高いほど、返済能力も高いと判断できます。

一般的には140%以上が目安と言われています。

当座比率

流動資比率では流動資産全てを含めた指標です。

流動資産は商品在庫なども含みますので、仮にその商品が売れずに残った場合も考える必要があります。

そこで確認するのが、当座比率です。

当座比率は特に現金化しやすい資産(現金や有価証券など)で計算したものです。

一般的には100%以上がのぞましいと言われています。

ただし、ひとつ注意しなければならないことが、流動比率は高いのにも関わらず当座比率が極端に低い場合です。

この場合考えられることとして、過剰在庫や長期間在庫を抱えているなどが疑われます。

例えば、流動比率が250%と高く、当座比率が100%の場合は差し引き150%分の在庫を抱えていることになります。

このような場合は少し疑いの目を向ける必要があります。

固定比率

固定比率は自己資本のうちの固定資産の割合を示す指標です。

工場などは、生産に必要な設備がいくつもあります。

何日、何年とかけて製造して収益に貢献するため、設備投資額をすぐに回収することは難しいです。

このようなことから、固定資産は極力返済の義務がない自己資本から賄うことが安全とみなすことができます。

例えば、1億円の設備を導入し、1年で500万円しか収益に貢献できなければ、設備投資額を回収するのに20年もかかってしまいます。

一般的には固定比率は100%以下が妥当な水準とされています。

つまり自己資本以内での固定資産で営業しているということです。

固定長期適合率

固定比率は100%以内であれば、自己資本内でのまかなえていることになります。

では固定資産を自己資本と長期借入金などの固定負債を合わせてもまかなえないのであればどうでしょうか。

このような場合、固定資産をすぐに返済しなければならない流動負債でまかなうことになります。

家計で言えば、マイホームを購入したものの、購入価格が高いためギリギリの生活を強いられ、カードのリボ払いなどで何とか食つなぐ生活をしてる状態です。

とても危険な状態と言えるののではないでしょうか。

このような状態を判断できる指標が、固定長期適合率です。

一般的には固定長期適合率が100%以上で危険と言われます。

貸借対照表と損益計算書の違い

ファンダメンタルズ分析を行う上で確認するツールとして貸借対照表と損益計算書というものがあります。

この2つの違いは何でしょうか。

とても簡単に言えば、貸借対照表は会社の健康状態、損益計算書は会社の将来性を見るものです。

どちら一方ではなくどちらも見ることが必要ですが、まずは貸借対照表を確認すべきではないでしょうか。

会社の経営状況が健全化どうか確認しよう

いくら将来性や収益性があったとしても、健康状態が悪ければ長続きはしません。

これは私達人間にも言えると思います。

どんなにハイパフォーマンスで仕事ができて、生産性も高い人であっても、持病があったり、血圧などの数値に異常が見られている人が今後もパフォーマンスを維持できるとは思えません。

銘柄分析でも全く同じことが言えるでしょう。

大切なことは、まずは貸借対照表で健康状態をチェックすることです。

まとめ

せっかく購入した株が1年後に倒産の危機…。

決して珍しいことではありません。

東証一部の大手企業でもこのようなことが起こっています。

そうならないためにはどうすべきか。

まずは会社の健康状態をチェックすることでしょう。

前述したポイントを1つ1つ確認し、投資するに値するかしっかりと検討してください。

自分の大切な資産を守り、そして大きくしていくためにも地味なファンダメンタルズ分析ですが、確実に行って頂くことをお勧めします。