The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】S&P500種指数が過去最高値を更新するかに注目

【NYダウ予想レンジ:27,800~28,300ドル】

12日のNYダウは反発。

前日比289.93ドル高の27,976.84ドルと、2月21日以来約半年ぶりの高値で取引を終了しました。

S&P500種指数も3,387.89ポイントまで上昇し、2月につけた過去最高値3,393.52に迫る展開となりました。

トランプ大統領が11日夕方に、1億本のコロナワクチンの購入を発表。

ワクチン実用化への期待から市場心理が改善しました。

また7月の消費者物価指数が前月比0.6%上昇と、市場予想の0.3%を上回る伸びとなったことも好感されています。

さらに、主力ハイテク株の上昇が相場全体を押し上げました。

アナリストが目標株価を上げたアップルは、3.32%高の452.04ドルで取引を終了。

マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなども買われ、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数も229.42ポイント高の11,012.24と、節目の11,000ポイントを超えて取引を終了しています。

また株式分割を発表した電気自動車のテスラも、13.12%高の1,554.76ドルと大幅に上昇しました。

米大統領選で民主党の候補に内定しているバイデン前副大統領が、ハリス上院議員を副大統領候補に起用すると発表したことも好感されています。

米金融界では、ハリス氏は他の候補よりも穏健派と見られているからです。

本日も引き続き堅調な展開になりそうです。

S&P500種指数が、2月につけた過去最高値3,393.52ポイントを上回るかどうかに注目しています。

フリーレポート配信

5Gサービスの世界市場は今年415億ドルに達し、2021年から2027年の間に年率平均44%の成長率で成長する可能性があります。その成長市場で勝者となるであろう銘柄をご紹介します。

注目の5G関連米国株」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事