The Motley Fool

【米国株決算】ヤム・ブランズの最新決算情報と今後の株価の推移

ヤム・ブランズ(NYSE:YUM)はアメリカに本社を置き、ケンタッキー・フライド・チキンやピザハット、タコスで有名なタコベルなど5つブランドを保有し、世界中にファストフードチェーン店を展開する企業です。

ファストフード・レストラン・チェーンの中では世界最大規模であり、主に自社売上とフランチャイズ料で収益を上げています。

同社が保有する主要なブランドについて簡単に紹介していきます。

ケンタッキー・フライド・チキンはフライドチキンを主力商品としたファストフードチェーン店です。

ご存じの通り、世界規模で展開しており、世界で初めてフランチャイズビジネスを行ったことで有名です。

全世界で20,000店舗ほどが展開されており、日本においては1,000店舗以上が展開されています。

ピザハットはピザやパスタ、バッファローウィングなどを宅配およびテイクアウトで販売するファストフードチェーン店です。

アメリカ国内では7,200店舗以上が展開されており、その他世界100か国の地域でも展開されており、全世界での店舗数は16,000以上となっています。

日本においては、2018年時点で国内400店舗を達成しています。

主な競合としてはドミノ・ピザやリトル・シーザーズ・ピザなどが挙げられます。

タコベルはタコスやブリトーなどのメキシコ料理を主力商品としたファストフードチェーン店です。

アメリカにはマクドナルドやバーガーキングといったハンバーガーチェーン店が数多くあり、それらとの差別化を図るためにバンズではなく、トルティーヤを使用しています。

全世界で7,000店舗以上を展開しています。

本記事ではヤム・ブランズの最新決算である、2020年第2四半期決算の情報と今後の株価の推移等について見ていきます。

決算発表前におけるヤム・ブランズの株価等のデータ

ヤム・ブランズは2020年第2四半期決算を7/30の寄り付き前に発表しましたので、発表前日である7/29における同社株価の推移について見ていきます。

7/29における始値は92.75ドルであり、寄り付き直後から同社株価は上昇し、終値は94.76ドルとなっていました。

続いて同社株価の今までの推移について見ていきます。

上場以来、2019年の夏頃まで同社の株価は上昇を続けており、2019年の夏頃には120ドル弱で取引されていました。

その後同社株価はやや下落しており、コロナショックの際は105ドル前後から50ドル台まで下落していました。

その後、下落幅の80%前後は回復していましたが、6月以降は90ドル前後で横ばいの推移をしています。

S&P500の構成銘柄の一つであり、7/31における時価総額は274億ドルとなっています。

ヤム・ブランズの最新決算情報について

ヤム・ブランズが発表した2020年第2四半期決算の概要は以下の通りです。

総売上高…11.98億ドル(前年同期比9%減)

  • カンパニー・セールス…4.03億ドル(前年同期比12%増)
  • フランチャイズ及び不動産収益…5.25億ドル(前年同期比17%減)
  • 広告及びその他…2.70億ドル(前年同期比15%減)

営業利益…3.00億ドル(前年同期比36%減)

純利益…2.06億ドル(前年同期比29%減)

希薄化後EPS…0.67ドル(前年同期比27%減)

同社が保有する各ブランドの連結売上高は、前年同期から9%減少した11.98億ドルとなっており、純利益は前年同期から29%減少した2.06億ドルとなっています。

またアナリストらによる同社業績の事前予想(Investing.comまとめ)では、売上高が11.8億ドル、non-GAAPベースのEPSが0.54でした。

実際の業績は売上高が11.98億ドル、non-GAAPベースのEPSが0.82ドルでしたので、アナリストらの事前予想を上回る決算となっていることが分かります。

同社が同決算のプレスリリースで発表したコメントは以下の通りです。

第2四半期の業績は新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けましたが、世界中のオペレーションやメニューオプション、マーケティングを調整し、この事態に対して驚くべき俊敏性をもって適応したことを誇りに思っています。

新型コロナウイルスの影響が大きな原動力となり、当四半期におけるデジタル売上高は過去最高の35億ドルに達しました。

新型コロナウイルス感染症を考慮したオペレーションを準備したため、今四半期においては着実なペースで店舗の再オープンを行うことができ、グローバルシステムレストランのうち95%が部分的にオープンしました。

新型コロナウイルス感染症は外食産業全体にとって信じられないほどの課題を提示していますが、当社のユニークで多様性に富んだグローバルなビジネスモデルの力を活かして善処していきます。

詳細

続いて同社決算をセグメント別に見ていきます。

まずセグメント別(ブランド別)の業績について見ていきます。

【KFC】

  • 売上高:4.09億ドル(前年同期比30%減)
  • 営業利益:1.53億ドル(前年同期比41%減)

【Pizza Hut】

  • 売上高:2.35億ドル(前年同期比4%減)
  • 営業利益:0.87億ドル(前年同期比9%減)

【Taco Bell】

  • 売上高:4.49億ドル(前年同期比6%減)
  • 営業利益:1.54億ドル(前年同期比3%減)

【Habit Burger】

  • 売上高:1.05億ドル(前年同期比なし)
  • 営業利益:△0.06億ドル(前年同期比なし)

【コーポレート】

  • 売上高:なし(前年同期比なし)
  • 営業利益:△0.88億ドル(前年同期比0.43億ドル減)

各セグメントともに売上高・営業利益の減少が見られていますが、特にKFCの減少率が大きくなっています。

またHabit Burgerは、ヤム・ブランズが新たに買収した企業になりますので、前年同期における業績は存在しません。

KFCについて見ていくと、同セグメントの売上高は前年同期から30%減少した4.09億ドル、営業利益は41%減少した1.53億ドルとなっています。

KFC事業部は今四半期、36ヵ国において234もの新規店舗を出店しました。

今四半期においては、既存店売上高の減少や不良債権費用の増加や新型コロナウイルス感染症の影響による自社レストランのマージン低下などが発生しました。

続いてPizza Hutについて見ていきます。

同セグメントの売上高は前年同期から4%減少した2.35億ドル、営業利益は9%減少した0.87億ドルでした。

同部門では今四半期、14ヵ国で70店舗の新規出店を行いました。

また既存店舗の売上高減少により営業利益率が1.9ポイント減少しましたが、米国におけるフランチャイズの貸倒引当金の回収により一部相殺されています。

次にTaco Bellについて見ていきます。

同セグメントの売上高は前年同期から6%減少した4.49億ドル、営業利益は前年同期から3%減少した1.54億ドルとなっています。

同部門では4ヵ国で新たに22店舗の出店を行ったほか、営業利益率は既存店舗の売上高減少の影響があったものの、一般管理費やフランチャイズ費用・固定資産費用が減少したことにより1.2ポイントの上昇が見られています。

決算発表後におけるヤム・ブランズの株価の推移

ヤム・ブランズは7/30の寄り付き前に決算を発表しましたので、決算発表直後である7/30における同社株価の値動きについて見ていきます。

前日終値である94.76ドルに対して、7/30の始値は93.30ドルと2%ほど下落しています。

その後も同社株価の下落は続き、終値は前日終値から3%ほど下落した91.63ドルとなっていました。

同社株価が下落した要因としては、アナリストらによる事前予想の業績を上回ったものの、既存店売上高が予想以上に落ち込んでいたことが挙げられます。

同社株価の今後の推移について見ていきます。

同社は今四半期、新型コロナウイルス感染症のロックダウンや外出規制によって大きな影響を受けていました。

依然と課題は多いものの、店舗売上は着実に回復しているため、今後業績は改善されていく可能性があり、一部のアナリストは同社の目標株価を引き上げる動きをしています。

短期的に見れば株価は横ばいでの推移をしていくことが考えられますが、長期的に見ると、業績の回復に伴い株価も緩やかではありますが、上昇していくと言えるのではないでしょうか。

参考元:Yum! Brands Reports Second-Quarter Results

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事の作者、白紙は、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事