The Motley Fool

ヘッジファンドを対象にした投資信託「ファンド・オブ・ヘッジファンズ」とは

ヘッジファンドという投資商品をご存知でしょうか?

ヘッジファンドは世界の富裕層のための投資商品で、アメリカの富裕層であれば株や不動産に加えてヘッジファンドへの投資が選択肢の一つとしてあげられるほど、有名な金融商品です。

ヘッジファンドは基本的に証券会社で購入することはできず、富裕層同士の紹介や、ヘッジファンド会社に直接投資することでしか投資できません。

しかし、ヘッジファンドを対象にした投資信託である「ファンド・オブ・ヘッジファンズ」という金融商品は、証券会社でも購入可能で、ヘッジファンドへの投資のハードルを下げてくれる商品です。

今回はファンド・オブ・ヘッジファンズについてご紹介していきます。

「ファンド・オブ・ヘッジファンズ」とは

ヘッジファンドは私募投信とも呼ばれる、証券会社で公に投資家を募集していないファンドのことです。

適格機関投資家だけがヘッジファンドに投資することが可能で、投資金額は通常数千万円かかりますが、最近では最低投資金額が1,000万円程度のヘッジファンドや、数百万円程度から投資できるヘッジファンドなど、投資のハードルは下がり始めています。

ファンド・オブ・ヘッジファンズを簡単に説明すると、前述の通りヘッジファンドを投資対象にした投資信託のことです。

投資信託を投資対象にした投資信託と考えると、少し不思議な商品のように思えますが、ファンド・オブ・ヘッジファンズはヘッジファンドへの間接的な投資が可能な商品で、100万円程度から投資できる商品となっています。

ヘッジファンドは市場全体が下がっていても上がっていても利益を得る「絶対収益性」を目指して運用する商品なので、相場に影響されず利益を得られる可能性が高いです。

ここからは、ファンド・オブ・ヘッジファンズのメリットとデメリットについて簡単に説明していきます。

ファンド・オブ・ヘッジファンズのメリット

ファンド・オブ・ヘッジファンズのメリットは、投資のハードルが高いヘッジファンドに分散投資ができる点です。

投資信託のメリットである分散投資と少額投資がしやすい点が、ヘッジファンドのデメリットを上手く解消してくれている商品であるといえるでしょう。

ファンド・オブ・ヘッジファンズがどのような戦略を取るかによって、組み入れられるヘッジファンドの比率は変化しますが、投資のプロがリスクとリターンを考えてどのヘッジファンドを組み入れるか選んでくれるので、投資を任せられる点もメリットといえるでしょう。

ファンド・オブ・ヘッジファンズのデメリット

ファンド・オブ・ヘッジファンズのデメリットは、基本的に通常のヘッジファンドのデメリットとしてあげられる、流動性が低いことなどが挙げられます。

投資信託の運用は、金融庁の証券取引等監視委員会によって監視されているので、購入の際は目論見書を提示し、具体的な運用について投資家に説明する必要があります。

一方、ヘッジファンドは、投資家からすればどのような運用方法を取っているのかが分かりづらい不透明な商品であるということになってしまいます。

この点に関してはファンド・オブ・ヘッジファンズも同様です。

また、日本では機関投資家への販売がメインとなっているので、流動性が低い点もデメリットといえます。

ヘッジファンド自体が簡単に解約することができない商品なので、自由に解約することが難しい点はリスクとなりえるでしょう。

また、ヘッジファンド自体の運用コストに加えて、投資信託のコストもかかるので、管理費用がかさむ点にも気をつけたいところです。

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事