MENU

老後資金はどのように貯めればいい?年代別に意識すべき点を解説

老後資金はいったいどのように貯めればよいのでしょう?

誰もが持つ素朴な疑問ですが、人それぞれで状況が違っていて、一般的な話は難しいです。

標準的な話をもとに、各自自分の場合を作り上げていかなければなりません。

ここでは、そのお手伝いが少しでもできるように話をまとめていきたいと思います。

老後資金はどのくらい必要か

細かい話は他に譲るとして、巷では定年時(65才)には、夫婦2人の場合、3000万円ほどが必要と言われていまして、その金額自体はおよそ正しいと思います。

ただ、これは正確な表現ではなく、90才になった時点でその資金を全部使い切るという意味です。

定年以降で全く仕事がないと仮定すれば、収入は夫婦の年金額を合わせた分で、毎月の支出を差し引くと、大体月に7万円ほど赤字になる場合が普通です。

これは、年間に換算して、80万円ほどになります。

これに25年間を掛けると、2000万円ということになり、これに介護費用や病気療養費などなどを考えると3000万円ということになります。

したがって、定年後もこの毎月の赤字分7万円程度を減らすことができれば、老後資金は実はずっと少なくてすみます。

また、退職金とそれまでの貯金がこの額を越えていれば最低線の老後資金は足りているということになります。

ただ、ここでは定年までにどのようにして、この3000万円を貯めるかということに話を絞りたいと思います。

老後資金は一体いくら必要?夫婦・独身・賃貸、それぞれのケースについて解説。

20〜30代は老後資金を意識する必要はある?

この世代はまだ定年までは遠い世代なので、あまり老後資金について今から考えることは必要ないと思います。

それよりは、資産運用技術というか投資技術を学ぶにも余裕資金が必要で、最低100万円くらいの余裕資金を貯めることに専念しましょう。

投資の技術を勉強するにはできるだけ早い方が良いと思いますが、実際の経験も必要なので、余裕資金ができるまでは、自分の仕事に専念しましょう。

住宅を購入し、住宅ローンなどを利用した方は、その返済に専念した方が良いと思います。

借金をしながら、投資をするのは危険です、破綻への入り口となります。

個人的には、持ち家は今の時代にはあまり有利とは思えません。

賃貸住宅で、家族の人数に適した住宅に住み、仕事場に近いところに住んだ方が有利だと思います。

今は、終身雇用があまり期待できない時代で、いつどのような経済的な激変に襲われるかわからないので、それに対処できる体制を作っておく必要があります。

そのためには、住宅ローンは極めて大きな借金で、返済期間の途中でボーナスでもカットされたら、身動きできなくなります。

住宅ローンの分だけお金を貯めて、一部を投資技術をマスターするための経験に充てた方が良いと思います。

毎月、家賃の分だけ支払っていたら、持ち家なら最後に自分の家が残るけれど、賃貸住宅では何も残らないから損だという主張は全く正しくありません。

持ち家の人が住宅ローンを完済する頃、賃貸住宅に住み、ボーナス分だけでも貯蓄して、それを元手に資産運用した人は、かなりの資産が残っているはずで、どちらが得かは難しいところです。

さらに、若くして投資の基本技術をマスターできていれば、その後の人生ではあまりお金のことで困ること無くなるでしょう。

住宅ローンを全部払い終わるのが、定年後か退職金によるのであれば、それから投資技術を学ぶのはとても難しいことです。

40代は住宅ローンの返済を強く意識しよう

住宅ローンが残っていれば、繰り上げ返済を繰り返して、なるべく早い時点で完済しましょう。

借金で投資をするのは、身を滅ぼす元です。

また、繰上げ返済は、返済期間を短くするのではなく、月々かボーナス払いを減額するような返済方法をとります。

このようにすると金銭的な余裕ができ、さらに繰り上げ返済の機会を増やすことができ、結果的には返済期間が縮まります。

多くの銀行では、月々の支払いを減らすのは嫌がりますが、ボーナスの減額には前向きです。

住宅ローンの返済が終わった人や賃貸住宅の人は、金銭的に余裕ができるでしょうから、なるべく早く、株式投資の勉強を始めます。

細かい話は省略しますが、親から代々の土地や貸家を譲り受けた人でない限り、資産形成には株式投資が最も有利です。

ただし、ここで株式投資の勉強というのは、知識の吸収と同時に100万円程度の元手を使って実際に株式を購入し、実践してみることが必要です。

新しい物事を学ぶときは、知識と経験の両方から勉強することが、早くマスターする上で極めて大切です。

よくバーチャル投資というのがありますが、投資は身銭を切って、痛い思いも含めて学習しない限り上達は望めません。

筆者は、50台の半ばころに住宅ローンを払い終えるだけの余裕はあったのに、それを株式投資に投入していました。

自分は、住宅ローンの金利より株式投資でもっと収益が上げられるという自信があったのでそうしました。

そこで、リーマンショックに会いました。

株式資産は1/3ほどになり、住宅ローンを返済しても借金が残り、定年後も住宅ローンを払い続けなければならない事態に追い込まれました。

「借金で投資をしてはならない」という言葉が、この時ほど身にしみたことはありません。

その後、1年くらいで株式市場は元に戻り、保有し続けていた株価も元に戻ったので、全部売ってローンを完済をしたのは言うまでもありません。

50代から退職金の運用を意識

実際に本格的に投資の勉強が始められるのは、この頃になってからかもしれません。

この頃になるとそろそろ定年も見えてきて、退職金の運用をどうしようかと考えるようになります。

多くの人は、自分自身のお金として、2000万円とか3000万円とかの金額を運用した経験は多分ないと思います。

仕事上では、1億円とかそれ以上のお金を動かすことはあっても自分のお金というのはかなり心理的には違います。

さらに退職金は、その後の老後資金そのものだけに、運用といっても失敗は許されないものです。

宝くじなどで、1億円が当たった人の末路が意外と不幸なのは、高額の資産運用に対する技術というか技量が備わっていないためと言えます。

全く同じことで、突然、退職金を手に入れてうまく運用できる人はほとんどいないと思います。

そのためには、遅くとも定年10年くらい前から、資産運用、特に株式投資の技術を学ばなければなりません。

ここでの勉強は、知識の吸収と経験を積むことです。

個人が、株式投資で成果を挙げられる代表的な方法が、2つあります。

どちらも機関投資家では、規模が小さいためになかなか手が出しにくい分野です。

一つは、割安株(バリュー)投資法で、もう一つが成長株(グロース)投資法です。

どちらも時価総額で5000億円以下の中小型株のみを対象にします。

初心者は、特に割安株(バリュー)投資法がお勧めで、ある程度の技量がついてくれば、定年までにそれなりの金額と経験が得られると思います。

バリュー投資とは?バフェット氏も推奨する投資手法の王道について解説

成長株の探し方とは?注意点と共に見つけ方を解説

60代までには資産運用の技術を備えておきたい

60歳を越えてからでは、資産運用の技術のマスターする為の時間はあまりにも少なすぎます。

知識だけなら可能ですが、実際の資産運用では、言葉では説明できにくいこともあり、経験を積まなければ得られないことも多いです。

しかし、諦めるのはまだ早いです。ETFと言って1種の投資信託が最近開発されました。

これは、証券取引所に上場された自由に売買できる投資信託で、株と全く同じように取引が可能です。

ETFはいろいろな種類のものがありますが、日経平均やTOPIXに連動した株式に投資しているものを選び、特に中小型株に投資しているものを選びます。

長期間では10%前後の収益が期待できるのではないかと思います。

とりあえず、それまでの貯金とか退職金をこのETFに投資しておいて、100万円ほどで、株式投資を始め、同時に知識の吸収も始めましょう。

ある程度自信がついたら、株式投資とETFの比率を少しづつ変えていけばよいでしょう。

投資信託よりETFがおすすめ。最終的には自分で銘柄選択し、長期運用してみては?

最後に

貯蓄も大切ですが、その余裕ができるのは、普通は50歳くらいになってからでしょう。

それ以後は、投資能力を磨くことが極めて大切であることを頭に入れておいてください。

投資能力が高まれば、金銭的な余裕は自然に得られるようになるでしょう。