The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】ナスダック総合株価指数とSOX指数が続伸するかに注目

【NYダウ予想レンジ:26,200~26,700ドル】

30日のNYダウは、前日比225.92ドル安の26,313.65ドルで引けました。

取引開始前に発表になった第2四半期GDPが、前期比年率換算でマイナス32.9%という歴史的な悪化を記録したことで、投資家のリスク回避姿勢が強まりました。

また同時刻に発表になった新規失業保険申請件数も、143.4万件と2週連続で増加したことも嫌気されています。

さらに取引開始前にトランプ大統領が「大統領選挙を延期してはどうか」という発言が伝わったことも嫌気されました。

大統領選の日付変更は、大統領に権限がないので議会に委ねる形になりますが、議員からは反対意見が出ています。

今回の発言により、トランプ陣営が再選に向け苦戦しているのではないかとの懸念がでています。

ただハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は、44.87ポイント高の10,587.81で引けました。

取引終了後に米大手IT企業の決算発表を控え、好決算を期待した買いが入ったのです。

実際、取引終了後に発表された四半期決算が交換され、アマゾン・ドット・コムやアップルなどの株価は時間外取引で堅調に推移しています。

また半導体関連株で構成するSOX(フィラデルフィア半導体株指数)が、前日比2%高の2,147台と過去最高値を更新。

27日に好決算を発表したクアルコムなど出遅れ感のある銘柄に買いが入り、SOXは3月中旬の安値から6割強上昇しています。

本日はPCEデフレーターやミシガン大学消費者信頼感指数などの経済指標が発表されますが、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数や、半導体関連株で構成されるSOX指数が続伸するかに注目しています。

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事