The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】過去最高値を更新しているナスダック総合株価指数に注目

【NYダウ予想レンジ:25,300~25,800ドル】

9日のNYダウは、361.19ドル安の25,706.09ドルで引けました。

米労働省が発表した新規失業保険申請件数は、131.4万件と予想の137.5万件を下回りましたが、依然として高水準でした。

また、米国では1日当たりの感染者数が過去最多になっています。

カリフォルニアやフロリダなど複数の州で新型コロナウイルスの感染者数や入院患者数が増加傾向にあり、経済活動の再開が遅れるとの懸念が高まったことが嫌気されたのです。

その結果、経済再開への影響が業績に対して大きい銘柄への売り圧力が大きくなりました。

ユナイテッド航空の親会社であるユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスの株価は7.25%安の30.17ドル、アメリカン航空グループは6.8%安の11.18ドル、クルーズ船運航会社のロイヤル・カリビアン・クルーズは5.9%安の47.12ドルで引けています。

ただ、新型コロナウイルス感染拡大が業績悪化につながりにくいハイテク株への買いは続き、ナスダック総合株価指数は65.89ポイント高の10,558.39となり、連日で過去最高値を更新。

マイクロソフトやアップル、アマゾン・ドット・コムなど主要ハイテク銘柄がナスダック総合株価指数をプラス圏に押し上げたのです。

NYダウは20日移動平均線(25808ドル)を下回り、上値の重い展開になりそうです。

ただ、連日で過去最高値を更新しているナスダック総合株価指数が続伸するかに注目しています。

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事