The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】26,000ドル台をキープできるかに注目

【NYダウ予想レンジ:25,800~26,300ドル】

8日のNYダウは177.10ドル高の26,067.28ドルで引けました。

またハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数も、148.61ポイント高の10,492.50で引けています。

アナリストが目標株価を引き上げたアップルに加え、動画配信のネットフリックスやネット通販のアマゾンドットコムなどが上場来高値を更新。

遠隔学習や在宅勤務などで業績が押し上げられるとみられるソフトウェアのマイクロソフトも高くなりました。

主要企業の決算発表シーズンを来週に控え、ハイテク株中心に業績期待の買いが入っているのです。

また、上海総合指数が3,400ポイント台を回復して約2年5カ月ぶりの高値を更新するなど、中国景気の回復期待が高まっていることも、投資家心理の改善につながりました。

ただし、最近のNYダウは景気回復期待と新型コロナウイルスの感染第2波への懸念で、上げと下げを交互にくり返す日替わり相場になっています。

昨日は上昇しましたが、新型コロナウイルスの感染第2波への警戒感も根強くあります。

米国内の感染者数は300万人を超え、人口の100人に1人が感染したことになりました。

経済封鎖や規制を一部再開する州が増えるなか、感染第2波の経済への影響を見極めたいという雰囲気も高まっているのです。

本日は新規失業保険申請件数が発表されます。

予想は前回の142.7万件を下回る137.5万件。先週の雇用統計で雇用の改善はみられましたが、新規失業保険申請件数も前回を下回るかに注目です。

NYダウは20日移動平均線(25,872ドル)を上回ったものの、200日移動平均線(26,239ドル)が上値抵抗線になりそうです。

本日も26,000ドル台をキープして引けるかが焦点になるでしょう。

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事