The Motley Fool

【米国株動向】バイデンがトランプに勝った場合に注目すべき3つの株

モトリーフール米国本社、2020年7月5日投稿記事より

2020年の大統領選予想は、ジョー・バイデン前副大統領がドナルド・トランプ現大統領を大きく上回っています。

RealClearPoliticsの全国世論調査では、バイデンがトランプを9.6ポイントもリードしています。

バイデンはスイング・ステート(米大統領選挙において共和党・民主党の支持率が拮抗し選挙の度に勝利政党が変動する州)の調査でもトランプに勝利しています。

トランプとバイデンの考えている政策は大きく異なるため、どちらが大統領に当選するかは重要です。

バイデンが11月にトランプを倒すと思うなら、以下の3つの株を検討することをおすすめします。

1.再生可能エネルギー:ブルックフィールド・リニューアブル・エナジー・パートナーズ

バイデンは、遅くとも2050年までに「100%クリーンエネルギーエコノミー」を達成したいと考えています。

これを達成するために、大統領に選出された場合、大統領命令に署名する考えを持っています。

そして、2025年までに主要なクリーンエネルギー目標を達成するためのマイルストーンを確立する法律を議会に要求する予定です。

バイデン大統領のもとでは、再生可能エネルギー株が大きく上昇する可能性があります。

ブルックフィールド・リニューアブル・エナジー・パートナーズ(NYSE:BEP)は、特に優れたパフォーマンスを発揮する株式の一つであろうと考えられています。

同社のキャッシュフローの約4分の3は、水力発電施設からのものです。

ただし、ブルックフィールドは太陽光および風力発電事業も所有しています。

保留中のテラフォーム・パワーの買収により、同社は再生可能エネルギーの分野でさらに大きな存在感を発揮するでしょう。

ブルックフィールドの目標は、年間12%から15%の増益を継続することです。

この利益には、もちろん配当も含まれています。

バイデンが2021年に大統領となった場合、同社はその目標を達成することができるでしょう。

2.インフラストラクチャ:バルカン・マテリアルズ

バイデンの最も有名な公約の1つは「米国のインフラを更新する」ことです。彼はインフラプロジェクトに10年間で1.3兆ドルを費やしたいと考えています。

彼は、高速道路、道路、橋の修理を最優先に考えています。

バイデンはまた、空港、鉄道インフラ、港湾をアップグレードし、全国の学校を近代化したいと考えています。

これらのインフラ活性化の取り組みは、確実にバルカン・マテリアルズ(NYSE:VMC)の売上を押し上げるでしょう。

同社は、砕石、砂、砂利などの建設骨材の米国最大の生産者であり、アスファルトや生コンクリートなどの建設資材のトップ生産者の1つです。

同社が事業を展開している州は、この10年間で米国全体の人口増加の72%を占めると予想されています。

米国で急成長している25の市場のうち19で、同社は事業を展開しています。

【米国株動向】4月に注目すべきインフラ関連株3銘柄

3.ヘルスケア:ユナイテッドヘルス・グループ

バイデンのもう1つの主要な政策は医療に関するものです。

バイデンは副大統領だったとき、Affordable Care Act(ACA)の擁護者でした。

大統領になったら、彼は米国人にメディケアと同様の公的健康保険プランを購入するオプションを与えることを含め、ACAを保護および再構築したいと考えています。

これは、ユナイテッドヘルス・グループ(NYSE:UNH)にとって追い風です。

ACAが制定されたとき、全米最大の健康保険会社である同社は多大な利益を得ました。

同社の売上のほぼ28%は現在、メディケアアドバンテージ、メディケアサプリメント、メディケアパートD処方薬プランなどのメディケアプログラムから生じています。

バイデンのその他の政策も同社を支援するでしょう。

処方薬の価格を下げ、ジェネリック医薬品の開発を促進する彼の計画は、ユナイテッドヘルスの経費を削減するでしょう。

トランプ大統領が再選された場合はどうなりますか?

しかし、米国の大統領選挙はまだ4か月先です。それは政治の風向きが変わるのに十分な時間です。

バイデンの現在のリードがなくなる可能性は十分にあり得ます。

トランプ大統領が再選された場合、これらの3つの株はどうなるでしょうか。

ブルックフィールド・リニューアブル・エナジー・パートナーズは、どちらの候補者が大統領に当選しても、大きな利益を上げられるものと思われます。

米国の主要な州には、同社にとってプラスとなる再生可能エネルギーの目標があります。

バルカン・マテリアルズについても同様です。

バイデンと同様に、トランプ大統領は大規模なインフラへの投資を望んでおり、1兆ドル近くの支出を検討していると伝えられています。

ユナイテッドヘルス・グループは、バイデン政権の方が望ましいでしょう。

しかし、トランプ大統領が就任して以来、健康保険会社の株価は80%以上も上昇しています。

結論としては、バイデンが11月にトランプを倒すと思うなら、ブルックフィールド・リニューアブル・エナジー・パートナーズ、バルカン・マテリアルズ、ユナイテッドヘルス・グループはかなり良い賭けとなるはずです。

たとえバイデンが負けたとしても、これら3つの企業は強固なビジネスモデルを持っています。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Keith Speightsは、ブルックフィールド・リニューアブル・エナジー・パートナーズ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ユナイテッドヘルス・グループ株を推奨しています。

最新記事