The Motley Fool

国が推進する医療インバウンドとは?アジア各国の事情も解説

医療インバウンドは日本の高度な医療技術を世界にアピールするのと同時に、外国人に医療と観光をセットにして外貨を獲得する国の政策でもあります。

ですが、医療インバウンドがどんな内容なのかは分かりづらくなっています。

そこで今回は、医療インバウンドとはどんな内容なのか解説します。

医療インバウンドを重視するアジアの国々や、日本が抱える課題なども合わせて解説します。

医療インバウンドとは

医療インバウンドとは、日本の病院で外国人患者の受け入れを促進する取り組みです。

経済産業省が音頭を取り、来日する外国人に日本の医療環境が充実している事をPRして、日本への医療渡航を促していました。これを総じて医療ツーリズムとも呼びます。

医療インバウンド・医療ツーリズムの目的は、一般社団法人メディカルツーリズム協会によると3つあります。

  • 治療…がんや心臓病などの治療
  • 検診…健康診断やPET
  • 美容…美容エステ、スパ

これらの3つの目的は、「医療」と「観光」の要素にどれだけ比重が傾いているのかによって異なります。

たとえば、治療が目的で来日する外国人は、がん治療や心臓治療、臓器移植などの高度な医療を求めています。観光をする余裕などなく、自分の体を治すのが第一です。

検診が目的で来日する外国人は、健康意識が高い外国人が多いです。

日本の健康診断は中国の富裕層に人気で、「ドクターが親切で責任感を持つ」「検査の過程でサポートが充実しており、プライバシーが守られている」という点が評価されています。

美容を目的とした場合は、医療よりも観光に比重を置いており、観光をしつつ美容エステやスパなどを利用しています。

このように目的によって比重の異なる医療インバウンドですが、日本政策投資銀行の調査によれば、潜在的な市場規模は5,500億円に見込まれると予想しており、日本の高度な医療サービスと合わせれば大きな市場となるはずです。

日本の医療インバウンド事情

日本の医療技術は優れており、特に世界屈指の医療機器保有率から治療・検診の分野での注目度は非常に高いです。

中国の富裕層を始め、アジア諸国から健康診断を受けるのを目的とした医療インバウンドは増加していました。

これを受けて、政府も2010年6月より医療インバウンド確保に向けた医療ツーリズムを新成長戦略の一つとして採用し、医療滞在が目的なら最長6ヵ月の滞在が可能になるようにビザを解禁しました。

新型コロナが蔓延する直前まで、日本はオリンピックに向けてインバウンドの需要が拡大しており、医療インバウンド市場は2020年の経済波及効果が約2,800億円になると予想されていました。

記事執筆時点では新型コロナによって外国人の入国が難しくなっていますが、市場は成熟しており、事態が収束すれば回復するだろうと見込まれています。

韓国の医療インバウンド事情

韓国は医療インバウンドにおいて日本の大きなライバルとされています。

2009年から国際医療観光を推進しており、高度な先進医療から、レーシック手術、人間ドックなど様々な医療サービスを展開。

また、美容に対する関心度が高い韓国では美容整形手術と伝統的な漢方を融和した医療ツーリズムが人気を集めています。

年々、韓国に医療目的で訪れる外国人は増えており、新型コロナ蔓延前は、2020年の医療インバウンドは50万人突破を目標としており、経済波及効果は5,000億円を突破すると予想されていました。

韓国の医療水準は高水準であると認められており、最近では先端医療機器や医療ロボットが注目を集めています。

また、美容医療の水準はアジアでもトップクラスの実績を上げています。

2015年に国際美容外科学会が発表した美容施術数が多い国のランキングで、アメリカ、ブラジルに次いで3位にランクインしており、世界美容整形市場の約25%をシェアしています。

これらの医療サービスをクレジットカード1枚で予約から治療まですべて行われるワンストップサービスが導入されたことや、業者がオンラインでビザを代理申請可能で直ちに発行されるように制度が整えられているため、外国人でも韓国の医療を受けやすくなりました。

このように韓国は医療インバウンドを取り込む政策を日本よりも早くから取り組んでおり、美容医療の分野では日本を上回る実績を上げています。

タイの医療インバウンド事情

タイはアジアで最も医療インバウンドを獲得している国で、年間180万人以上の医療インバウンドがタイを訪れます。

全観光客の8%にあたる医療インバウンドの目的は主に整形や性転換手術とされており、施術後は国内のビーチなどを観光するのがセットとなっています。

美容医療以外でもタイの医療ツーリズムは変わりつつあり、2019年11月にバンコク国際病院が開業。

この病院では専門性の高いリハビリテーションが特徴で、各専門病棟にリハビリテーションセンターが付随し、術後のケアに当たります。

タイでは医療インバウンド・医療ツーリズムを2002年から国策として推進しており、東南アジアや中東地域から多くの医療インバウンドを取りこんでいます。

国内の160病院で治療を受ける場合は、外国人の患者と付添人がビザなしで90日も滞在でき、多言語に対応できるスタッフを配置するなど、医療インバウンドがタイへ訪れやすい状況作りをしているのも特徴です。

シンガポールの医療インバウンド事情

資源も土地も限られたシンガポールにおいて、医療は産業であるという観点のもと、外貨獲得のために医療インバウンドを積極的に呼び込んでいます。

1993年よりアジアの近隣諸国から医療インバウンドを呼び込み、2000年からは国策として推進しており、国際的なバイオメディカル分野の拠点としてバイオポリスを建設。

国内旅行代理店は保険会社と協力し、医療ツーリズム専用の海外旅行傷害保険商品を提供するなど、ほかのアジアとは違ったアプローチを展開しています。

また、シンガポールは人口の2割弱がイスラム教徒のため、イスラム教徒の生活様式に対応できるのが強みとなっています。

そのため、イスラム教徒の富裕層が多いアラブ諸国からの医療インバウンドが多く、単価も高いため外貨獲得の要因です。

ただし、韓国やタイに比べて観光資源が少なく、物価の高さから観光に比重を置く医療ツーリズムからは選択されにくいという弱点もあります。

日本の医療インバンドの課題

日本の医療技術は世界的にも高く評価されており、需要が高いのは間違いありません。

しかし、治療に比重を置いた医療インバンドの長期滞在の制度作りは、韓国やタイに比べると劣っているといえます。

日本の場合、医療滞在ビザ制度の運用は2011年より始まっていますが、医療滞在申請ビザを申請するには、短期滞在ビザで来日して日本の病院で検診などを受けないと証明書が発行できません。

つまり、がんや糖尿病、脳腫瘍、心臓疾患などの日本の医療技術が得意とする分野の医療インバンドは、検診と治療でそれぞれ別に来日する必要があります。

これはあまりにも手間と時間がかかってしまうため、医療滞在ビザの申請数はそれほど増加していません。

また、医療インバウンドを受け入れるにあたり、言語の問題のほかに医療費トラブルも耳にします。

たとえば、日本では外国人の在留資格が留学ビザや経営・管理ビザで、日本に3ヵ月以上滞在する場合は、国民健康保険か社会保険への加入が義務付けられています。

その場合、日本人と同様に医療費が3割負担で済むため、自国やほかの国で同様の医療サービスを受けるよりも、日本の方が安くなるということになります。

ほかにも2019年3月に厚労省が発表した「医療機関における外国人患者の受入に関わる実態調査の結果」では、1ヵ月での未払い金額は約9,400万円に達すると判明しました。

言葉が通じない、旅行保険に未加入などの事情は様々ですが、医療インバウンドを受け入れる際にはリスクとトラブルは付き物となります。

まとめ

以上が、医療インバウンドの解説になります。

新型コロナの蔓延により外国人の受け入れが止まっている現在、医療インバウンドは大きく減っています。

しかし、医療技術が後退する訳では無いため、新型コロナが収束し、再び国を跨いだ移動ができるようになったときは、医療インバウンドや医療ツーリズムに注目が集まります。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事