The Motley Fool

【米国株動向】相場下落局面で注目すべきハイテク株3銘柄

モトリーフール米国本社、2020625日投稿記事より

今年、投資家は前例のないボラティリティとの戦いを余儀なくされていますが、多くのハイテク企業にとって今年はこれまでのところかなり良い年となっています。

市場が今後どこに向かうのかは誰にも分かりませんが、強力なトレンドの最前線に立つハイテク銘柄を見定めることが大きなリターンを生む方法であり、株価調整局面で購入すれば長期リターンがさらに押し上げられる可能性があります。

筆者は今年6月、出会い系サイト運営のマッチグループ(NASDAQ:MTCH)、無線周波数識別技術(RFID)メーカーのインピンジ(NASDAQ:PI)、金融テクノロジー・ソリューション・プロバイダーのストーン(NASDAQ:STNE)を相場下落局面で購入しました。

機会を見つけてこれらの3銘柄を買い増したいと考えており、以下にその理由を説明します。

オンライン出会い系アプリの人気上昇に乗じるマッチグループ

オンライン・デートの人気は高まる一方です。

マッチグループはTinder、Match.com、OkCupid、Plenty of Fish、Hingeなどのオンライン・デート・プラットフォームを保有しており、それぞれのサイトとアプリでプレミアムなサブスクリプション契約を提供したり、アップグレードされた機能を販売したりすることで収益の大半を生み出しています。

同社の中核的な出会い系ソフトウェア・ポートフォリオがTinderです。

ミレニアル世代とゼネレーションZ世代で非常に人気が高く、米国で最も人気のある出会い系アプリであり、同社の有料ユーザーの約60%を占めています。

同社の主要プラットフォームはいずれも米国で最も利用されている出会い系アプリの上位10位にランクされています。

マッチグループは、急成長しているオンライン出会い系市場で主導的な地位にあり、フェイスブックのこの市場への進出を巡る懸念にもかかわらず、今後も優位な立場を維持すると見られています。

マッチングアプリの「マッチ・グループ」、コロナがもたらす隠れた商機

小売業などにおけるRFIDタグの爆発的普及がインピンジの成長を支える見込み

RFID向け半導体には、本来は電子的機能を持たないモノによるデータ共有を助ける役割があります。

同社のRFIDタグは、バッテリーやその他の電源を必要とせずに情報を送信でき、しかも小型で耐久性があります。

RFIDタグを応用すると、在庫を追跡してサプライチェーンや消費者の需要への対応を改善したり、盗難や偽造に対する新たな障壁を構築したりできます。

ナイキやザラなどの大手衣料品ブランドはこの技術をすでに利用しています。あなたが次に購入する靴と冬物コートにはRFIDタグが含まれている可能性があります。

インピンジの時価総額は約6億4,000万ドルです。

小売業やその他の市場でのRFIDチップの採用はまだ初期段階にあり、この技術への需要が高まり続ければ、同社の株価は爆発的に上昇するかもしれません。

中南米の電子商取引市場拡大トレンドに乗って急成長が見込まれるストーン

米国の消費者による決済金額の約4分の1は現金で行われていますが、アメリカン・エキスプレスによると、中南米ではこの比率が約85%に達しています。

ストーンはブラジルに拠点を置く決済処理会社で、中南米におけるデジタル決済およびカード決済の成長を促進しています。

同社は、中南米における電子商取引の拡大と、現金決済からデジタルソリューションへの移行による恩恵を受ける立場にあります。

2019年の電子商取引の規模はブラジルの小売売上高の5%にすぎず、こうした状況は他の多くの中南米諸国でも同様です。

中南米でのオンライン小売りの増加は不可避であり、決済処理サービスの利用が劇的に増加するはずです。

同社はすでに急激に成長しています。

前四半期の総取扱高は、新型コロナウイルス関連の逆風にもかかわらず前年同期比約42%増となり、売上高は同38.3%増、純利益は同22.6%増を記録しました。

前四半期は5万500店のマーチャントパートナーが新たに加盟し、アクティブユーザー数は53万1,300人に達しました。

ストーンの2020年予想PERは約74倍で、このバリュエーションには既に今後の成長が織り込まれています。

しかし5年後には、現在のバリュエーションが非常に割安に見えるかもしれません。

フリーレポート配信

このレポートでは、パンデミック時に生じる需要増の恩恵を受けるだけでなく、長期的な成長性のある優良株に注目してみます。

コロナウイルス関連銘柄10選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Keith Noonanは、インピンジ株、ストーン株、マッチ・グループ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、マッチ・グループ株、フェイスブック株、ナイキ株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、マッチ・グループ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ストーン株を推奨しています。
最新記事