The Motley Fool

S&P500に連動するETFの新しい選択肢。6月上場の「iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(為替ヘッジあり)」を紹介

iシェアーズS&P500米国株ETF(為替ヘッジあり)が、東京証券取引所に【2563】として、2020年6月19日に上場しました。

しかし、既に米国の代表的な指数でもあるS&P500に連動するETFは、日本にもアメリカにも多数あるため、大きなインパクトはないかもしれません。

【2563】には以下のようなメリットが考えられます。

  • 日本円建てで取引できる
  • 為替リスクに左右されづらい

少なくとも投資家にとってパッシブ投資の選択肢が増えることは喜ばしいことです。

ただ投資の選択肢が増えすぎると、何を選べば良いのか悩む機会も増えてしまいます。

そこで新しく上場された【2563】を軸にS&P500の投資をご紹介します。

【2563】iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(為替ヘッジあり)の概要

まずは新しく東証に上場された【2563】iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(為替ヘッジあり)の概要を整理します。

管理会社はブラックロック・ジャパン、信託受託会社は三菱UFJ信託銀行株式会社です。

気になる信託報酬ですが、1年目はプロモーションで、2020年6月18日〜2021年6月18日まで税抜きで0.075%とかなり安く設定しています。

それ以降は税抜き0.15%になる見込みです。

信託報酬が安く人気がある「eMAXIS Slimシリーズの米国株式(S&P500)」ですら税抜きで0.0880%の信託報酬がかかります。

【2563】は為替ヘッジありにも関わらず、1年目に限ればeMAXIS Slimより信託報酬が安く設定されています。

為替ヘッジありのメリット

【2563】の最大の特徴は、日本円建てで為替ヘッジありという点です。

米国株式をはじめとした外貨建ての投資は、株価の変動だけでなく、為替の変動によっても実際の収益は左右されます。

日本で確定申告をする際も、源泉徴収ありの特定口座なら面倒な計算をする必要はありませんが、一般口座や海外口座では円建てで取引の結果を計算しなければいけません。

実際に計算してみると気づくのですが、為替レートでかなり円建てでの投資成績の評価が左右されてしまいます。

特に円高が進むとドル建てでは上昇しているアセットも、円建てでは全く上昇していなかったというケースも珍しくありません。

為替ヘッジありなら為替の影響を小さくすることが可能です。

為替に左右されたくない投資家には為替ヘッジありの【2563】は使いやすいETFの一つになるでしょう。

為替ヘッジありのデメリット

為替ヘッジありにはデメリットもあります。

円安になっても為替の値上がり益を享受できない点、そしてヘッジコストがかかる点です。

為替ヘッジは為替の影響を小さくするためのものですから、円高による損失を避けられる反面、円安による利益を得ることもできなくなります。

また為替ヘッジをするためには、余分にヘッジをかけるためのコストが発生します。

そのコストは当然、信託報酬に上乗せされてしまうところはデメリットです。

ですが、前述の通り【2563】の上場1年目の信託報酬は、ヘッジありにも関わらず他のS&P500インデックスのETFや投資信託より安く設定されています。

日本から投資できるS&P500に連動するETFと投資信託との比較

信託報酬(税抜き) 購入形式 特徴
i シェアーズS&P500(為替ヘッジあり)【2563】 0.075%(2021年から0.15%) ETF 為替ヘッジあり
上場インデックスファンド米国株式(為替ヘッジあり)【2521】 0.15% ETF 為替ヘッジあり
e MAXIS Slim 米国株式(S&P500)投資信託 0.0880% 投資信託 積立・小口OK
SPDR500 【1557】 0.0945% ETF 為替ヘッジなし
i シェアーズS&P500 【1655】 0.15% ETF 為替ヘッジなし

【2563】に近い、S&P500に連動している円建ての投資信託、ETFを簡単に比較していきます。

まず【2563】と同じ為替ヘッジありのETFが「上場インデックスファンド米国株式(為替ヘッジあり)」【2521】です。

どちらも為替ヘッジありという共通点はありますが、後発の【2563】の1年目の信託報酬は【2521】の約半分。

2020年に限って言えば【2563】がプロモーションの分、信託報酬だけを見ると有利です。

ただし投資信託やETFはコストだけではなく、時価総額や出来高といった「流動性」も重要です。

流動性は簡単に言えば、売買の取引の活発さのことです。流動性が低いと買いたいときに買えない、売りたい時に売れないという状況になります。

また、総資産額というETFや投資信託の規模も重要で、あまりにも小さい規模だと上場廃止、運営停止のリスクも出てきます。

ただ、【2563】のi シェアーズシリーズはETFの世界ではかなり有名なブラックロックや三菱UFJ信託銀行からリリースされるため、そこまで神経質になる必要はないのではないでしょうか。

業界最大手「ブラックロック」のETFとは?代表的な銘柄も解説

【2563】とe MAXIS Slimシリーズも比較しましょう。

投資信託の中でも、e MAXIS Slimシリーズは信託報酬が安く人気があります。

e MAXIS Slimの米国株式(S&P500)は【2563】のように為替ヘッジはないものの、普通の投資信託であることから、ETFよりも小口で買いやすいというメリットがあります。

特に為替ヘッジを気にしない場合は、e MAXIS Slimシリーズは日本人投資家にとって最適なパッシブ投資ができる投信の一つではないでしょうか。

【2563】と【1557】(SPDR500)、【1655】 i シェアーズS&P500も比較してみます。

【1557】、【1655】はETFで為替ヘッジがありません。

同じETF投資でも円建てで為替リスクを気にしないなら、【1557】や【1655】を選べば良いでしょう。

【2563】iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(為替ヘッジあり)の使いどころ

【2563】の強みは、円建てでS&P500の成長そのものに為替リスクを小さくした上で投資できるところです。

日本の外貨建ての投資環境もかなり充実してきましたが、外国株を買うための外貨両替のタイミングや手間はあります。

日本株を買うのと同じように、米国のパッシブ投資を為替リスクを気にせず買えることを魅力的に感じる投資家もいるのではないでしょうか。

また1年目の信託報酬は他の国内のS&P500のETFや投資信託よりも安いため、プロモーション中にお試しで投資してみてもいいかもしれません。

国内ETF・投資信託と海外ETFとの大まかな違い

最後に国内のS&P500関連の投資信託、ETFと海外ETFとの大まかな違いもおさえておきましょう。

海外のS&P500関連のETFは、信託報酬が日本のETFや投資信託よりも安めです。

例えばIVV(i シェアーズ・コアS&P500)は信託報酬が0.04%と圧倒的な安さです。

しかも取引も活発にされており、流動性も高めです。

その代わり日本円を米ドルに両替コストする手間とコストが発生します。

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事