The Motley Fool

【米国株動向】デルタ航空、再度のパンデミック懸念で旅行需要の回復にブレーキか

出典:デルタ

モトリーフール米国本社、2020625日投稿記事より

デルタ航空(NYSE:DAL)は、今年の夏に追加すると発表した1000便以外に、運行本数を大幅に追加することはおそらくないでしょう。

ここ数週間で、旅行需要が最低だった4月から徐々に回復し始め、デルタはスケジュールを再構築していますが、CEOのエド・バスティアンは25日に従業員に、「通常の状態に戻るには少なくとも2年はかかる」と語りました。

デルタは機体内の座席制限やマスクの着用など、消費者の信頼を回復させるための対策を講じています。

しかし、多くの州で今後感染者数が急増する可能性があるため、一部の投資家が望んでいるほど迅速な回復が見込めない可能性があります。

旅行需要の回復の遅れは、従業員と投資家の両方にとって悪いニュースになります。

デルタは、売上高を増やすか経費を削減するかで、2021年初頭まで現金燃焼率(バーンレート)をゼロにできると信じていると話しています。

そのため、売上高が秋になっても回復しない場合、デルタや他の航空会は2020年末までに大幅な人員削減を行う可能性が高いでしょう。

【米国株動向】デルタ航空、中国への便を再開

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Lou Whitemanは、デルタ航空株を保有しています。モトリーフール米国本社は、デルタ航空株を推奨しています。

最新記事