MENU

ハイリスクな投機的株

出典:Getty Images

短期間で大儲けしたいという欲にかられ、多くの投資家が投機的な株に手を出してしまうことがあります。ふたを開けてみると、上がる「はず」だったときに、暴落してしまうということはよくあります。このような投機的な株で大失敗を避けるためにも次のことを気に留めておくとよいでしょう。

投資戦略が異なるデイトレーダーとは距離を置くべき

この例として、株式投資では注目を浴びがちな、テクニカルチャートを使って取引を行う短期トレーダーが挙げられます。長期保有前提の株式投資を考えているなら、そういった人々の投資戦略があなたの目指すものとは大きく異なり、彼らの購入する銘柄はあなたが買うべきでないことが多い、ということを改めて認識しておくべきです。当然ですが、インターネットに匿名で、特定の企業の株価が急上昇するなどの投稿をしている人々とも距離を置いた方がよいでしょう。うまくいっていないときは違うやり方を試してみたい誘惑にかられますが、生半可にやるとデイトレーダーの餌食になってしまいます。

一部のバイオ株のように、夢を語るが実績のない企業は避けた方がよい

がん患者をなくすといった壮大な夢を実現すると銘打っているが、実際は売上が全くない、というスタートアップは結構あります。たとえばバイオテクノロジー関連スタートアップがこの部類に入ります。このような企業に投資しても、暴落するリスクが高いと考えた方がよいでしょう。こういった企業は製品開発の過程で数値化できないほど大きな「事業の成功か失敗」の二択を迫られます。

こういった事業のよくある結末として、企業の見通しが甘く業績が悪化し、株価が半減し、バランスシートもきつくなり、増資によって株が希薄化するなどがあります。小額投資にとどめて、価値がゼロに近くなってもよく、上がった時は何倍にもなるということで腹をくくって投資しているのであれば別ですが。投資の王道は、有言実行で夢を語りながら実績を示してきた企業への投資だと考えます。

公式ツイッターアカウント@motleyfooljpをフォローする