The Motley Fool

最新記事

  • 【米国株動向】成長を開始したばかりの優良株3選

    大きなリターンをもたらす潜在性を秘めた銘柄を探す場合には、長期的なメガトレンドに注目するべきです。当レポートでは、1)クラウドにおけるID管理、2)ストリーミング・エンターテインメント、3)自宅でのインタラクティブなフィットネスを手掛ける3つの企業をご紹介します。 Read More »

  • NYダウの週報(7月6日週)と来週の見通し

    今週のNYダウは26,075.30ドルで引け、週間ベースでは248ドル高となりました。先週木曜日に発表された雇用統計の非農業部門雇用者数は前月比480万人増と、市場予想の290万人を大きく上回り、失業率も13.3パーセントから11.1%に改善。6日に発表されたISM非製造業景気指数が57.1と、市場予想の50.2を大きく上回るなど、好調な経済指標が好感されました。 Read More »

  • 【米国大統領選2020】パンデミック再び。バイデン氏の新しい政策計画

    米国では、新型コロナウイルス感染が急速に拡大しており、大変な事態となっています。7月4日、フロリダ州では、新型コロナウイルス感染者数が20万人を超えたと発表されました。また、独立記念日で連休となっていた3日(土曜日)には、1日で11,458人感染という、今までで最多人数の感染者が出ました。 Read More »

  • S&P500の優秀連続増配銘柄【金融セクター】

    米国株を語る上で外せない指標といえば「S&P500」です。あのウォーレンバフェット氏は株主宛ての手紙の中で「プロでない投資家の目的は、上手くいきそうなビジネスに横断的に投資する事」であり、「S&P500に連動する低コストのインデックスファンドに投資する事でその目的は達成される」と述べています。そんな優秀な「S&P500」から更に「優秀銘柄」をセクター別にご紹介したいと思います。今回は「Financials」、つまり「金融」セクターにおける優秀銘柄を分析したいと思います。 Read More »

  • 「ケロス・セラピューティクス」医療ニーズの高い血液疾患を対象としたバイオベンチャー

    2020年4月第2週、アメリカ株式市場に上場した企業を紹介します。今回取り上げるのは、4月8日にNASDAQ Globalに上場した「ケロス・セラピューティクス(NASDAQ:KROS)」です。ケロス・セラピューティクスは、未だ対処されていない医療ニーズの高い血液疾患や筋骨格系疾患の患者さんを対象とした新規治療薬の発見、開発、商業化に重点を置いた臨床段階のバイオ医薬品企業です。 Read More »

  • 【米国株動向】長期保有向けで注目の3銘柄

    筆者は45銘柄の株式を保有しています。どれも長期保有を念頭に購入しましたが、事業の競争優位性が低下したり、経営陣の意思決定や今後の成長見通しに問題ありと判断した場合には売却することもあり得ます。ここでは、筆者のポートフォリオの中でも、その企業が買収でもされない限り50年後もほぼ確実に保有しているであろう3銘柄を紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】コロナ禍にも耐えうる優良銘柄2選

    ここで紹介する2銘柄には、成長を維持する共通の特性があり、新型コロナウイルス大流行による不況にも耐えられることが証明されています。まず、衛生用品の需要増に恩恵を受ける家庭用品メーカーのクロロックス(NYSE:CLX)、次に、生活必需品である食肉加工メーカーのホーメル・フーズ(NYSE:HRL)を見ていきます。 Read More »

  • 【米国株動向】配当利回りが6%を超える5銘柄

    今年前半に株式市場で見られた高水準のボラティリティは、インカム投資家にチャンスをもたらしました。株価の下落に伴い配当利回りは上昇するためです。セクターによっては新型コロナウイルス(COVID-19)に起因する当初の株価下落から反発しましたが、エネルギーおよび不動産セクターの株価は依然として低水準です。 Read More »

  • 【米国株動向】チポトレとショッピファイが提携し、バーチャルファーマーズマーケットを強化

    チポトレ・メキシカン・グリル(NYSE:CMG)は、ショッピファイを搭載したChipotle Virtual Farmers 'Marketを発表しました。これは、独自のeコマースWebサイトです。このオンラインマーケットプレイスを通じて、チポトレのサプライヤーは肉、乳製品、穀物製品、およびその他の商品を全国の消費者に直接販売することができます。 Read More »

  • 【米国株動向】Disney+は事前予想よりも速く成長しているか

    予想していたよりも速いペースでDisney+が成長しています。2019年4月の時点で、ディズニー(NYSE:DIS)は2024年までに全世界の契約者数が6000万人〜9000万人、そのうちの約3分の1が米国からくると予想していました。しかし、サービス開始後8か月足らずでディズニーは米国で約3000万人、全世界で6000万人もの契約者数を獲得しています。まだサービスを開始していない国も数多くあるため、今後も急成長を続けるものと思われます。 Read More »