MENU

モトリーフールについて

弊社は、以下の欧米主要メディアの評価からも見て取れますように、海外では個人投資家の株式投資のアドバイザーとしてブランドを確立しています。

「モトリーフールは、ややいかがわしい投資アドバイザーが多いなかで、倫理的なオアシスとして際立っている」
―エコノミスト誌

「初心者だけでなく、経験者にも豊富な投資情報を提供してくれる」
―バロン誌

個人投資家への確かな情報とアドバイスを提供」
―ワシントンポスト紙

「億万長者も、モトリーフールからヒントを得ている」
―タイムズ紙

「面白くて、賢明だが、批判的で、強い主張を持っている」
―フォーチュン誌

会社の沿革と理念

モトリーフールは、ガードナー兄弟によって1993年にアメリカで設立されました。(アメリカ版ウェブサイトはこちらwww.fool.comです)。以来25年間、オンラインメディアを通じ、株式の長期投資を学ぶお手伝いをしています。そしてイギリス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、シンガポール、香港においても事業を展開しています。2018年にはモトリーフール・ジャパンを立ち上げました。今後も世界の他の地域で展開することにより、世界中の方の投資のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

我々は世界中のすべての人に株式投資の正解を提供するということではなく、個々の置かれた状況にあった投資判断を自らできるようになるためのお手伝いをさせていただいています。我々は、ご自身のリスク許容度や長期的な資産目標を一番理解しているのは顧客自身だと考えています。このような考え方が受け入れられ、米国では25年間事業を続けることができ、世界8カ国にも展開させていただいています。

モトリーフールという社名について

この社名はシェークスピアの「お気に召すまま」からとっています。カラフルな色の服に身を包まれたモトリーフール(宮廷の道化師)がシェークスピアの作品に出てきます。その道化師は彼の首を飛ばされることなく、王様に対し真実を進言することができた唯一の人だったのです。権威に対し、真実を伝えることのできる人です。

エコノミストやアナリストの権威が相場見通しを示して、短期で儲ける秘訣を教えるのに対し、我々は株を買うというのはよい企業の一部を忍耐強く保有することだということを素朴に伝えています。このような形で、宮廷の道化師の役割を果たしたいと考えています。

海外株のリサーチに強み

私たちは世界中の投資に関するニュースを提供しおり、米国株だけでなく、欧州株、香港株、シンガポール株、オーストラリア株、そして今後は、日本株もカバーする予定です。これだけのいろいろな地域の株の情報を、個人投資家向けに提供している金融メディアは、日本では数少ないのではないかと自負しています。

有料コンテンツでは、比較的リーズナブルな購読料で、毎月銘柄を推奨・フォローをし、モデルポートフォリオをお示しする予定です。また購読者の要望が多い銘柄についても、我々のリサーチと合致したときは、情報提供させていただきます。購読者の方も、ご自身のリスク許容度や長期の資産目標を念頭に置いて、株式投資をしていただきたいと願っています。

連絡先

ご質問等ございましたら下記アドレスまでご連絡下さい。

membersupport@motleyfool.co.jp